~セリフにリズムをつけよう~

3/19のお稽古の参加者はsam船長といのちゃんの二人でした

やっぱり、参加者の人数が多いほうが賑やかで楽しいですね
ですが…いのちゃんはsam船長のためになる稽古を独り占めでした~!(^^)!

うらやましいですね~

今までは呼吸法の基本(息の出し方や姿勢など)でしたが、今回はセリフにリズムをつけることをしました。
具体的にはういろう売りの話や、アイウエオ王国の物語をリズムをつけて読みました。それに加えて、鼻濁音をしました。鼻濁音とはですの「で」などの音を鼻にかけて言葉の角を取って柔らかく表現します。

姿勢などに気を付けつつ、鼻濁音を意識してリズムをつけるのが難しかったです
リズムをつける時に体を使ってリズムをつけるのですが、体と言葉が一致しなかったですが、特訓のおかげでセリフを早く言ってしまう癖がなくなりそうです(^^)v


お風呂に入りながら楽しく練習しようと思います。
とってもためになる稽古なので、次回、皆さんお楽しみに(^O^)

 

いつもふくぞめを応援してくださりありがとうございますm(_ _)m
ふくぞめは温かく、素敵なステージを目指してこれからもがんばりますので応援よろしくお願いします気軽に遊びに来てくださいm(__)m


遊撃隊の方々もいつも協力していただき、どうもありがとうございますm(_ _)mこれからも素敵なステージを一緒に作っていきましょう~♪


皆さん、これからもよろしくお願いします<(_ _)>

 

二人でのお稽古でしたので残念ながら今回は集合写真はとれなかったのでした(^^ゞ

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    163 (日曜日, 27 3月 2011 23:31)

    Sam船長~いのちゃん~
    お稽古お疲れさまでしたm(__)m

    ガソリン給油困難な真っ只中で残念ながら19日のお稽古には不参加となってしまいましたが…

    次回は参加させて頂きますね~♪

  • #2

    Sam船長 (月曜日, 28 3月 2011 00:41)

    163さん
    更新ありがとうございます~♪

    ここで言う『リズム』とは一定のリズムで台詞を言うとかではなくて、『心のリズム』と『身体のリズム』を一致させることなんですね。

    まずはゆったりとした気持ちで自分の呼吸を感じ、それにゆっくり言葉をのせていくところから入り、感情のうねりにあわせて台詞にもうねりを作っていく。

    『感情』のうねりを『全身』に響かせて丁寧に表現していきます。
    そうすると『伝えたい感情』がしっかり表現できるんですね。
    (指先から髪の先まで全身で表現しているあの雰囲気です☆)
    この体験を繰り返すことで、『台詞』にもしっかり『感情』や『心』が響いていくわけです。


    日常の中で、
    時として心が乱れて感情が暴走することがあるかも知れません。。
    演劇的にこのトレーニングをしているとその暴走が悪い結果をもたらすのを防げます。 日常生活の中で自分の感情をコントロールすることができるようになるんですね☆

    《呼吸》という内側からでも、《動き》という外側からでも、自分自身を好きなように演出できます。

    こうした生きた表現力・・・
    現代の子ども達にも体感してもらいたいなぁと思います。

    5月の《つる子どもまつり》
    そして10月の《親子忍者ミュージカル》に向けて、私達もよいものをいっぱい積み重ねていきましょうね!

    次回はみんなで集まれたらいいな~☆

  • #3

    いのちゃん (月曜日, 28 3月 2011 15:33)

    やっぱり、大人数の稽古のほうが賑やかで気づきも多いのでいいですよね。
    つるこどもまつりは今回が初めてです。楽しみにしています。
    姿勢などの基本をしっかり押さえて、殺陣の練習も集中して取り組みたいです。

    一人でも多くのメンバーが集まるように、がんばりましょう!

  • #4

    163 (火曜日, 29 3月 2011 21:41)

    みなさまお疲れさまでしたm(__)m

    いのちゃん~
    今週末のお稽古よろしくね~

    つる子どもまつりは楽しいですよ~♪

    大学の教室なので少し手狭でさらに満員御礼状況なので人口密度がぐっと上がる瞬間です~

    みんなで集まる練習日は少ないですが、日々の自主連がんばりましょ~!(^^)!